コンテンツ保護の方法

コンテンツ保護のための代表的な技術としてDRMとHLS暗号化の二種類があります。これらは最も一般的なコンテンツ保護の方法であり、広くいろいろな動画サイトで用いられているものです。どちらも容易に動画の複製ができないようになっているのです。優れた実績があるため、現在でも広く利用されているのです。

仕組みとしては、たとえばストリーミング配信される場合に動画がそのままひとまとめに配信されるのではなくて、細かく分割されながら配信されます。これが画面に届いた時に元の形に戻されていくのです。その際には復号化鍵というものが必要となります。このような仕組みとなっているため、簡単にコピーできなくしているのです。

これからはさらに新しいコンテンツ保護の方法が誕生する可能性があります。違法に複製するためにコンテンツ保護を突破しようとする人は世界中にたくさん存在しているからです。絶対に安全だと言い切れるような方法はまだ存在しないのですが、これからはさらにコピーが難しくなるような技術が登場していくでしょう。動画を配信する側はこれらの技術を用いることによって著作物を守ることができるのです。そうなれば著作権者の利益が損なわれることが防がれるのです。